スタッフブログ

タグ 「友禅打掛」にマッチするブログ記事

友禅がつくられるまで5

(2014-01-25)

こんにちは、曽我です。

本日は友禅がつくられるまでのラストです。

最後の本仕立までの工程を説明します。

 

『仕上げ』

花の中のしべ、人形の顔等、顔彩にて筆で書く。

作品に命を与える為の盛金箔を施す。

 

『地直し』

全般のしみ等、製色する。

 

『上絵羽』

下絵羽の糸印通り模様を合わせて絵羽縫いする。

 

『裏地合わせ』

表地にあった生地別、色別の裏地を選別する。

 

『裁ち』

寸法を合わせ、裏地、附属品等を裁ち合わせる。

 

『本仕立』

模様合わせ、最後の仕上げ縫いをする。

 

以上が友禅がつくられるまでの工程です。

友禅は職人衆と匠たちが、伝統の技法を通し、心を一つに結集して創作する「染めの華」です。

意匠を練る図案にはじまって、仕上げの刺繍にいたるまで、二十五行程もの手と技をくぐるのです。

 

 

 

 hida43.jpg

友禅がつくられるまで4

(2014-01-22)

こんにちは、曽我です。

今回は刺しゅうまでの工程を説明します。

 

『色合せ』

その作品に必要な色を創り出す。五十色から百色の色数となる。

 

『挿し友禅』

筆、ハケで模様の部分にひとつづつ色を挿す。

 

『うたしローケツ』

作品の要求に応じ蠟(ろう)を振り、色を染め、蠟吹雪の味を出す。

 

『むし水洗水元』

挿し友禅の色むし、揮発にてゴムの糸目洗、染料の水洗い。

 

『上のし』

水に入れたため、巾、丈をなおす。

 

『金彩』

漆、箔張り螺細、砂子、切箔、野毛、小紋箔等の技法にて加工する。

 

『刺しゅう』

模様の部分に駒縫い、糸縫い等を施す。

 

 

次回はいよいよ最後の仕上げまでの工程を説明します。

友禅がつくられるまで3

(2014-01-19)

こんにちは、曽我です。

今回は友禅の手書きの工程について説明します。

 

『下絵』

下絵羽に青花汁にて筆で下図を写し取る。

 

『のり糸目』

ゴムのりにて下図の青花を筒がきする。挿し友禅の、せきをする。

 

『青花散らし』

ゴムのりを置いた後、真水にて青花を落す。

 

『のり伏せ』 

模様以外の地を染める為、模様を伏せる。

 

『引き染』

模様以外の外の地を染めること。

 

『むし水元』

引き染めた地の色むしと模様の部分の伏せのりを落とす。

 

『友禅地入』

模様の部分を挿し友禅にする時、色がにじまない様にすると同時に色ムラがおきにくくする。

 

次回は刺繍までの工程を説明します。

友禅がつくられるまで2

(2013-12-16)

こんにちは、曽我です。

 

前回は下図までの工程を書きましたが、今回は、同時進行で行う生地について説明します。

 

 

『生糸』

生糸の選別。

 

『撚糸』

経糸(たていど)と緯糸(よこいと)の準備、必要に応じて生糸数本を合わせ撚りをかける。

 

『製織』

丸章の駒塩瀬羽二重生地は一キロ四百。(普通うちかけは八百から九百)

 

『精錬』

生織の状態のものを柔軟性を出す為と漂白するための工程。

 

『下のし』

湯のし、巾を直し丈を出す。

 

『墨打ち』

生地に身丈、袖丈等の寸法を記す。

 

『下絵羽』

墨打ちによって裁ち、糸印を入れて仮絵羽をする。

 

 

ここから友禅の手描きの工程にはいります。

友禅がつくられるまで

(2013-11-24)

こんにちは、楯です。

色打掛の中でも一枚を仕立て上げるのにとても時間と労力を使っているのが友禅です。

友禅の打掛がつくられるまでを紹介します。

 

 

『発想』

作品の最後の仕上がりを、頭で連想する。

 

『構図』

その発想に基づいた構図を、縮小のひな型にあたりをつける。

 

『仕事別』

一、生地の選別。

二、細分化したそれぞれの仕事のほりさげをする。

三、それぞれの仕事を得意とする職人の選別をする。

 

『指示書』

建築における設計図面と同様のもの。

各職人別にその職人が仕事をすすめる上の指示明細、および管理、チェック箇所の明記。

専門職として職人はその指示書通りに仕事をすすめればよい。

 

『下図』

実寸寸法の紙に縮小のひな型に基づいてあたりをつける。

筆にて美しい線描きの下絵を描く。

 

 

下絵を描くまででも工程がこんなにもあります。

続きはまた後日紹介します。

 

 

 

京友禅と加賀友禅

(2013-10-28)

こんにちは、楯です。

 

友禅染と一言で言っても京友禅や加賀友禅があります。 

花や葉の模様の輪郭から中心に向かって色をぼかすのが加賀風、その逆が京都風と言われたこともあったそうですが、

現在は模様の区別化のため産地や業者によって特徴されているくらいで明確な決まりは無いそうです。

 

京都の友禅は柔らかい色調を好み、何色が基調になっているのか判別しにくいほどの多彩な色を使っていながら、
配色に神経が使われ上品で華やかです。
古風な有職模様や琳派模様など高度に様式化された文様を得意とします。
また、刺繍や金箔などを効果的に使った装飾を併用しています。
 
 
加賀友禅も多色を用いていますが、加賀五彩(臙脂、黄土、古代紫、草緑、藍)特に紅色や紫、緑などの深みがあって
豪奢な色調が基調となり、優雅で艶やかです。
有名な「虫喰い」などに代表される写実的な表現を得意とします。ほかの技法との併用はほとんどありません。

 

打掛選びの際に、色や柄がどんなものか、じっくり見て試着をされるのも楽しいと思います。

25もの工程で作る友禅

(2013-10-27)

こんにちは、小椋です。

 

打掛をつくることは、

家を建てるのと同じことです。

基本構想から基本設計になり、

部門設計となって各職人に指示されるのです。

それは地ならしをし、基礎を打ち、土台を敷き、

柱を立て、屋根が仕上がるように、

友禅も数ある工程を夢み、連想し、仕事を決め、

色を選び、方法を示して、事に当たらせる指示書が、

各名匠の手元に渡されていくのです。

一枚のうちかけの一部門を受け持つ職人も、

すべての完成を夢み、自分の部門を守ります。

友禅は、名も無い職人衆と匠たちが、伝統の技法を通し、

心を一つに結集して創作する「染めの華」です。

意匠を練る図案に始まって、

仕上げの刺繍にいたるまで、

二十五工程もの手と技をくぐるのです。

 

 

女性の体ラインが一番きれいに見えるように

設計されています。

 

是非ご試着だけでもしてみてください!!

800日かけて作られる友禅

(2013-10-26)

こんにちは、楯です。

 

今日は着物の染めのひとつ、友禅を紹介します。

 

友禅とは白い生地に職人が下絵を描き、約50色から100色の色を使い筆やハケで模様を描いていきます。

その後箔張りや刺繍などを施します。

他にも様々な工程、加工を繰り返します。

 

簡単に書いてしまいましたが、友禅は気の遠くなるような時と手の積み重ねです。

打掛になると、仕上がるまでに早いもので半年、長いものでは800日の歳月を必要とします。

打掛一枚仕立て上げるのに何十人もの職人が携わっています。

たくさんの人の思いと時間を掛けられて作られる友禅は、花嫁を豪華に華やかにさせます。

 

和装を着られる方には是非友禅染の打掛を着て頂きたいです。

 

レンタルお申込から返却までの流れ

  • ご注文

    当サイトの買い物カゴよりご注文

    「レンタル期間」「到着希望日」を入力してください。

  • お支払い

    銀行振込・クレジットカード決済

    ご入金確認後、ご指定日に衣装をお届け致します。

  • 発送

    衣装・小物一式を「送料無料」で発送

    佐川急便またはヤマト運輸でお届けします。

  • ご利用

    挙式・披露宴でのご利用

    大切な晴れの日を当店の衣装にてお迎えください。

  • 返却

    挙式後「2日以内」に着払いで返却

    返送料は着払いで結構です。
    お届けした状態で当店までお送りください。

ご注意事項

■商品のお届け日について
ご注文いただいたレンタル商品のお届けは、基本的に挙式日の2日前にご指定の場所へお届けします。
例:8月20日挙式の場合8月18日着となります。
お届け日のご指定がある場合は、注文フォームの備考欄にてお知らせください。

■海外での挙式などの場合
海外で挙式をされ、ご返却までに通常よりお時間がかかる場合は、あらかじめお知らせいただきます様、お願い致します。