スタッフブログ

タグ 「打掛」にマッチするブログ記事

上品にオシャレな花文様

(2015-06-28)


花文様
花を丸くデザインして形におさめたものを花文といいます。花文は帯にも使われることも多い柄です。

ここでひとつワンポイントアドバイス!
花柄をモチーフにした衣装を選ぶときは季節感がズレていないか確認しましょう。
春の場合は梅や桜など、夏は藤・紫陽花などその季節を象徴する花があります。
これから冷え込んでくる秋に桜が満開に咲いている打掛を着るのは変ですよね?
ですので、季節感がズレていない花が描かれた打掛を選ぶようにしましょう。

あえて「季節感がズレていない」という書き方をしたのは、季節問わずに着られる(オールシーズン)打掛もあるからです。四季折々の花々が描かれたり、桜の花が描かれていても他にもいろいろな花が描かれている場合は1年中着ることができます。

季節感がある打掛を選ぶ場合は、季節を先取りして装うのオシャレな選び方です。もし、オリフリのレンタル衣装選びにお悩みの場合はメールもしくはお電話でご相談ください。



オリフリで扱っている花文様の打掛はこちらになります。



他の打掛と比べ装飾の派手さはありませんが、大きな花文様を大胆に使いシンプルながらも上品な打掛になっています。挙式でエレガントな女性を演出したい方ににおすすめです。

古典的な文様の御所車柄

(2015-06-21)

御所車文様

御所車とは王朝の貴族たちが外出に用いた牛車のことです。
人や牛は描かれないのが一般的です。御所車と式の花を組み合わせた文様を花車といいます。御所車の車輪をモチーフにした源氏車柄もあります。
下の衣装は花車文様になります。

花車文様
御所車の車輪は永遠に周り続けることから縁起が良いとされています。御所車文様は御所(位の高い貴人の邸宅)や花園の風景に配置されることが多いです。オリフリでは多数の御所車文様をご用意していります。

平安時代から伝わる女性らしい文様檜扇

(2015-06-14)


打掛檜扇柄
檜扇とは平安時代に作られたと言われる木製の扇で、あこめ扇と呼ばれます。檜扇の派生でできた紙で作れた扇を扇子と呼び。
檜扇は平安時代の貴族に使われ宮中では必需品で、とくに十二単の女性に使われていました。ひな人形が手にしている物も檜扇ですね。
その檜扇は花嫁衣裳をはじめとする着物にも使われるようになります。末広がりを意味する扇の柄は季節問わず着られる古典的な柄として根強い人気があります。
オリフリでは檜扇柄の本手描き友禅の引き振袖をご用意しております。優美な朱色で檜扇の柄が引き立つ一着です。

引き振袖あこめ扇


縁起が良い花嫁衣装の鳳凰(ホウオウ)柄

(2015-06-07)


20150525img04.jpg
鳳凰について記述があるのは前2世紀ごろの前漢の時代。
鳳凰は中国から伝わる伝説(想像上)の生き物で、おめでたいことが起きる前兆に現れる鳥として知られています。
古来中国から鳳凰柄は使われており、着物の他にも陶器などにも用いられています。中国から伝わった鳳凰は日本にも縁起物として受け入れられ、平等院鳳凰堂や金閣寺の屋上に飾られたり身近なところでは1万円札にその姿を見ることができます。

縁起が良い花嫁衣装の鴛鴦(オシドリ)柄

(2015-05-31)

20150525img01.jpg
鴛鴦(オシドリ)は水辺に生息する鳥類のカモの一種です。この鴛鴦(オシドリ)の夫婦はいつも寄り添っている様子から、昔から仲の良い夫婦のことを鴛鴦(オシドリ)夫婦と言います。この鴛鴦(オシドリ)の姿は縁起物として花嫁の衣装に多く用いられている文様です。

オシドリは漢字で鴛鴦と書きますが、鴛はオシドリの雄を意味し、鴦は雌を意味しています。
鴛鴦は東アジアを中心に分布しており、古来中国の文物にも記されており、大変伝統的な柄になっています。

オリフリでも鴛鴦(オシドリ)柄のレンタル衣装をいくつかご用意しております。


豪華な打掛が着られるのはレンタルのおかげ?

(2015-05-24)

ab1c0158dbe97f8e909ff65870c2c497_s.jpg

前回の白無垢に続き、今回は色打掛についてご説明します。

色打掛は本来、白無垢より1つ格下だとされていましたが、現在では白無垢と並ぶ格式の婚礼衣装とされています。
地紋の入った色地に、織や染、白地に金糸、銀糸による刺繍や印金・箔などの技法で縁起のいい絵柄(吉祥文様)が描かれていて、個性的な着こなしを楽しめます。
また、会場の雰囲気に合わせて選べるのも魅力の一つといえるでしょう。

日本の伝統的な技を駆使して織り上げられた打掛は、とても高価でしたので経済的に恵まれた花嫁でないと購入することできませんでした。
大河ドラマや時代劇でお馴染みの豪華絢爛な打掛を、一般の花嫁が着られるようになったのは衣装レンタルシステムが大きな要因といえます。

華やかな色打掛は挙式当日以外に、前撮りなど写真撮影用としても人気があります。

レンタルお申込から返却までの流れ

  • ご注文

    当サイトの買い物カゴよりご注文

    「レンタル期間」「到着希望日」を入力してください。

  • お支払い

    銀行振込・クレジットカード決済

    ご入金確認後、ご指定日に衣装をお届け致します。

  • 発送

    衣装・小物一式を「送料無料」で発送

    佐川急便またはヤマト運輸でお届けします。

  • ご利用

    挙式・披露宴でのご利用

    大切な晴れの日を当店の衣装にてお迎えください。

  • 返却

    挙式後「2日以内」に着払いで返却

    返送料は着払いで結構です。
    お届けした状態で当店までお送りください。

ご注意事項

■商品のお届け日について
ご注文いただいたレンタル商品のお届けは、基本的に挙式日の2日前にご指定の場所へお届けします。
例:8月20日挙式の場合8月18日着となります。
お届け日のご指定がある場合は、注文フォームの備考欄にてお知らせください。

■海外での挙式などの場合
海外で挙式をされ、ご返却までに通常よりお時間がかかる場合は、あらかじめお知らせいただきます様、お願い致します。